グランピングと聞くと、1人あたり数万円が飛ぶイメージですよね。

実は、なかには宿泊込みで10,000円も掛からない安いグランピング施設もあります。

しかも、本格的アウトドアを楽しめたりバーベキューを堪能できたりと「安いから訳アリ…?」ということもありません!

この記事では、神奈川県にある10,000円以下の安いうえにコスパに長けたグランピングを紹介します!

神奈川の安いグランピング3選

さっそく、リーズナブルな神奈川のグランピング施設を紹介します。

芦ノ湖キャンプ村


芦ノ湖キャンプ村

神奈川県足柄下郡にある「芦ノ湖キャンプ村」。
ここは、広大な芦ノ湖に隣接し一望できるグランピング施設です!

宿泊タイプは大きく分けて2つあり、テントキャンプサイトだと2,500円~13,500円という安い料金で利用できます。

オートキャンプサイト(電源有) 7,500円~13,500円
オートキャンプサイト(電源無) 5,500円~11,500円
テントキャンプサイト 2,500円~4,500円

芦ノ湖キャンプ村には、芦ノ湖に隣接する形でバーベキュー上があります。
周辺には人工物がなく、木々や湖の音を聞きながらのバーベキューは最高です!

食材は予約すると出してくれますが、少々高額なので持ち込みがおすすめ。
新宿から車で1時間半~2時間の距離なので、よっぽど腐りやすい食材でもない限り、道中で買っていく方が安上がりです。

シーズンオフに来訪すると、運が良ければバーベキュー上に他客が1組も居ないことも。
実際に体験しましたが、まるで芦ノ湖を独り占めした気分になったので、狙ってみるのもおすすめです。

サンテラス箱根


サンテラス箱根

「サンテラス箱根」は、神奈川県足柄下郡にあるグランピング施設。
ここでは2種類のお部屋があり、1泊6,000円以下という安い料金で宿泊できます!

  • SAタイプ
    • 1泊6,000円~/1名
    • 2名~10名までの宿泊タイプ
  • WAタイプ
    • 1泊5,000円~/1名
    • 11名~20名までの1棟貸切タイプ

安いながらも全室にエアコンとWi-Fiがあり、快適に過ごせます。

目の前のテラスでバーベキューができ、本格的な海外グリルを3,000円~4,000円で借りることが可能。
「燃料・トング・紙食器類・割り箸」も含まれており、さらに面倒な片付けはスタッフが行ってくれます!

食材は持ち込みですが、車で5分(徒歩10分)の距離にスーパーや精肉店、また15分の距離には24時間営業のマックバリューがあり、買い物には困りません。

バーベキューセット以外にも色々とレンタルでき、無料で望遠鏡を借りることも。
運がいいと夏は土星、冬はオリオン座が見られるなど、素敵な思い出を作れそうです!

詳細はこちら

サンテラス箱根

なみのこ村


なみのこ村

「なみのこ村」は、神奈川県小田原市にあるグランピング施設。
ここでは、本格的なアウトドアを10,000円以下の安い料金で楽しめます!

宿泊は「オートキャンプ」と「ログキャビン」の2種類から選べます。

  • オートキャンプ
    • 1泊:4,300円
    • 入村料(大人):800円
    • 入村料(子供):500円
  • WAタイプ
    • 1泊11,000円/5名まで
    • 入村料(大人):800円
    • 入村料(子供):500円

どちらも駐車場とシャワー料が込みの価格になります。

入村料が掛かるものの800円なので、オートキャンプは利用料も含め8人でやっと10,000円を超えるので安い料金です!

ログキャビンは11,000円ですが、他のグランピング施設に比べれば圧倒的に安い金額。
エアコンがあり夏でも快適に過ごせるので、アウトドア初心者の女性、それから熱中症が心配される子供を連れてのときは、ログキャビンがおすすめです。

なみのこ村はシーサイドキャンプ場なので、磯釣りやスキューバダイビングに最適。
沈む夕日を眺めながらテラスでのんびり過ごすなど、夏を満喫できるグランピング施設です!

まとめ

あらためて、安いけど楽しめるコスパに長けた神奈川県のグランピング施設を紹介します!

基本はテントですが、なみのこ村ならロッジに11,000円で泊まれます!
女性や子供も安心して泊まれるので、安いところをお探しなら候補に入れてみてください。

この記事では神奈川限定でしたが、他県にもリーズナブルなグランピング施設はあります。

以下では、関東の安いグランピング施設を紹介しているので、こちらもぜひご覧ください。

詳細はこちら

関東の安いグランピング